美容情報は、ほんとうに色々ありますよね。
コスメやら基礎化粧品やら、日焼け止めやらサプリまで。

最近だと、美顔器やドライヤー、ホットビューラーや足湯、シャワーキャップの浄水器とか、つけまつげ等など。本当に色々と進化してきています。アレヤコレヤといろんなものがありすぎて迷ってしまうのですが、個人的に1番大切だなと思っていることがあります。

コレが最重要なのでは?

でも、どれだけ色んな情報が発達しても、これが美しさや美容には、コレが1番大切だなーと思うものがあります。

どんなに高い化粧品を使っても
どんなに効果があると言われるブランドアイテムを使っても
どれだけ規則正しい生活をして肌ケアを頑張っていても。
コレが大量にあったら美しさは遠のいてしまうのではないか、と思のです。

それは、ストレス。

食事や毎日の生活、喫煙や飲酒、サプリメントやエステにかよっていたとしても、一番肝心な本人の気持ちがストレスまみれだったら、すべてがパーになってしまうと思うのです。

たしか、人は強いストレスをうけると、ナントカ物質とやらも出ているというのは読んだことがあります。

実際に私、美しい女性として憧れている方のストレスに苛まれていた時の写真をみせてもらったことがあります。

その方は、今は美魔女のような美しい肌をもって、とても40過ぎには見えず20代とばかりに見える方です。
でも、魅せてもらった写真は(今よりも年齢が若いはずなのに)それはそれはひどい(といったら失礼ですが)感じでした。と

同時に、人って短期間でココまで変わることもデキるのか…!と思ったのであります。

話はかわり、私について。

人が変わるといえば私についても言えます。
私も、中高とすっごく地味〜な感じだったんですよね。

イモです、いも。ザ・芋系女子!

でも、高校生の時に一目惚れした人がいて。
で、その彼がめちゃくちゃかっこよかったのです。今はどうなってるか知る由もありませんが、普通にジャニーズにいるんじゃないか!という位にかっこ良かったわけです。目があっただけで花飛ばしてました(※芋系でしたが…)。卒アルとかみても、普通に美形だなーと思います。
特に付き合ったとかではないのですが(というか、恋愛とかしてない系だった!)、私は、そこから徐々に見た目というものに気を使うようになりました。地味ーでまじめで、くせ毛も気にしていた私ですが、その時からオシャレや見た目というものに目覚めていったのでした。
※あ、その憧れてた彼がすっごくオシャレだったので…。

なので私は、大学くらいからやっと「女の子」みたいなのが芽生えた気がします。
それまでは、田舎のいもっ娘みたいな感じ。
※それはソレで、良かったかもですが

服装とかメイクも全然知らなかったので、普通にけっこう頑張りましたよ!色の組み合わせや素材の組み合わせも楽しくて、勢い有り余ってパリコレにも出ているブランドのショーにも東京まで観に行ったりしました!
※抽選に2回も当たったのです!なんとなく当たる気がして応募したら当たり!

それはそれは、カッコいいショーだったのですよ。

デヴィ夫人とか、有名なオリンピックでメダルとったスポーツ選手も来てたショーなので、なかなかのハイブランドでトキメキました。
(でも私は、芸能人とかスポーツに興味が無いから本人見ても分からない。回りの人が騒いでいて、そうなのかーと認識するレベル。

当時は、おしゃれするのも自分が少しずつ変わっていくのも色々と楽しくて、当時はそれが1番の遊びでありストレス発散だったな−と思います。

まとめ。

色々と少し話がズレてしまいましたが、というか全然違う着地点なのですが、楽しんでキレイになっていきたいですね、という話です。

また、記事を書いていきますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です