体調が悪く、1日21時間寝ました。
自己最高記録です!

睡眠が1番の肌ケアとはいいますが

寝るのが肌には1番いいといいますよね。
美肌には睡眠が1番!というのは基本的なことです。

なかなか難しいのも事実。

でも、忙しいとなかなか睡眠時間を確保できなかったりします。
寝る前にちょっと気分転換してから寝たいと思って本を読んだりしていると、いつの間にか夜が更けてしまったりします。

しかし、体調不良から1日21時間睡眠を体験。

毎日しっかりと11時前に寝れたら良いのですが、12時近くになってしまうことも多い私。なのですが、昨日は体調不良から1日21時間寝ていました。

体調不良で、一昨日の14時から昨日14時までの24時間中、21時間はすやすや&だらだらと寝ていました。

実際に、睡眠時間だけではなくて「布団で横になっている(が意識はボーッとある)」状態を含めてです。仕事や悩み事のストレスがたまったせい、簡単にいうと「疲れ」。

とにかく布団から起きれなくて。
起きてもフラフラ&ヨロヨロして、和室の引き戸に寄りかかって自然と引き戸が動いていく、みたいな感じで我ながら面白かったです。

お風呂には入りたかったのでお風呂には入りました。
食事は1食だけ。

あとはひたすら寝ていました。

次の日の肌の調子の良さ!

21時間寝ていた次の日は、肌の調子がすこぶる好調でした。
朝起きて鏡をみると、肌は潤っていてキメも細かいし、毛穴も小さくなっていて、全て整っていました。

期待していたわけでもないのですが、睡眠と肌の関係性を改めて実感。

ストレスと肌の調子の関係性もアルかも!

今回の発熱は、「気持ちのデトックス効果」もあったなと思っています。今年に入って、第一優先にしてしてきたことがあるのですが。

この半月程で自分なりの見え方が広がって、少し先行きが明るくなった気がしました。ずっとモヤモヤと重荷に感じていたことが、完全にとは言えないかもしれませんが、少し重荷が軽くなった感じです。

そんな気持ちのデトックもできた次の日だから、カラダもココロもリフレッシュして肌の調子がよかったのかもしれません。

美肌のための睡眠は1日何時間必要なのか。

今回は21時間睡眠という非現実的な数字で美肌になりました。
が、実際には毎日こんな長時間寝るのは無理ですよね。(活動時間3時間しかない…)

よく、美肌のためには1日7−8時間の睡眠が必要だとか言われていますよね。でもコレ、個人的には1つの目安としか思っていません。

好きなモノや食事の仕方が違えば、ライフスタイルやストレス度も違う。その人に一番あった睡眠時間なら、何時間でもいいと思っています。

無理なく楽しく健康的な生活を送れる睡眠時間なら、標準と言われる7−8時間より多くても少なくても、色々あるのが当然だと思います。

(余談ですが、食事量と睡眠時間は比例しますよ!私、3日断食したり1日1食健康法などを数回試したことあるのですが、消化に費やすエネルギーはかなり大きいですよ!コレはもう、体感です。食事量が少ないと睡眠も少なくてOKだし、食事量が多いとどうしても寝過ぎるんです。あと、やっぱり小食の方が肌の調子が良いです。食べ過ぎると、消化不良起こして肌が整いません。肌は表に出ている臓器。よーく観察すると、腸内環境や内臓環境を如実に知らせてくれますよ。)

自分の肌状況と体調の関係性、こういう食事や睡眠をしたら肌がキレイになった!という自分なりの法則なんかを見つけられるとよいですよね。

肌やカラダの声を聞きながら、心地良いことをしていけば、自然と美肌に、雰囲気も美人な感じになっていくのではないでしょうか。

とりあえず、たくさん寝ました。。。!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です