これからの季節、あつくて汗ジミや化粧崩れが気になる人もいるかと思います。

今日は、そんな気になる「汗」対策について書いていきます。

舞妓さんが汗をかかない理由は?

舞妓さんって、白くお化粧をしているのに汗をかかないと言われています。

何故なのでしょうか?
これには、ちゃんとした理由があるのです。

舞妓さんは着物を着る時に胸の上、脇の下で帯をしめています。
胸の上、脇の下、というのは顔の汗を抑えるツボです。そのため、舞妓さんは顔に汗をかかない、という切もあります。
反対に、下半身の汗を抑えるにはお腹の部分を押す、圧迫するのが良い、という切もあります。そのため、ベルトをキツ目に締める人もいるのだとか。

ベルトをキツく締めすぎていないですか?ー代償性発汗

人のカラダは、出る汗の量は基本的には一定だ、といいます。
そのため、ある部分から出ることが出来なかった汗は、別の部分から出ざるを得ない事もあります(代償性発汗)。

ベルトをキツく締めすぎてしまって、下半身の汗を抑えるツボが指摘されてしまい、手や上半身に汗が大量に出る、という事も絶対に無いとは言い切れない事かもしれません。

夏の着こなしや、スーツなんかで気をつけるといいかもしれないですね。汗に悩んでいる男性にもオススメの方法です。

人が一日にかく汗の量は?

ここで、ちょっと汗についての基礎知識をしっておきましょう。
人は、両足だけでも一日にコップ1杯分(200cc)以上の汗を書いているという研究結果があります。

両足だけでコップ1杯も汗をかいているなんてスゴイですよね…!

多汗症対策/ローションを使う

多汗症に悩んでいる人向けのローションもあります。

でも、ここで知っておいて欲しいのは「汗をかくのは正常反応だ」ということです。汗をかくことで、カラダの温度調整をしたり毒素を排出してくれるのです。

だから、筆者自身はどんどん汗をかいて、カラダの毒素を出し切ってしまいたいと思っています。

でも、人によっては汗をかきすぎてしまうと悩んでいる人もいますよね。

そんな多汗症対策の1つに、通販で買えるローションがあります。
使用方法としては、寝る前に手と足に塗るだけ、というモノです。

デトランスαという商品なのですが、医療先進国のデンマークの商品です。これで悩みが解消した、という人もいるようなので、値段も普通に安いので試してみるのはオススメです。

使用感は人それぞれだと思いますが、デトランスαを使うことで、手術まで考えていた汗がほとんど気にならなくなったという人もいるようです。
そこまで悩んでいなくても、彼や彼女と手をつなぐ時に不安で仕方なかった人の悩みが解消されたりした人もいるようです。

手術や、民間療法を考えている人は、金額的にもまずはこの商品を試してみる、というのはかなり現実的な方法だと思います。
下記に、主な口コミ評価を書いておくので、さんこうにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です